画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

全国防具空手道連盟とは

ごあいさつ
 平成18年に創設され、平成19年3月に正式発足した防具組手競技を主体とした全国組織です。
 既に空手競技連盟組織は、いくつかありますがスポーツ競技の原則である公平性、判定の明確さ、安全性と優れた要素を持つ「防具着用」の空手組手競 技連盟で、流派会派の垣根を越えて加盟参加団体の平等性をより追及した開かれた組織です。
 また審判員資格、公認段位などの資格制度を制定し、その認定を行っています。
 審査会や講習会などを定期的に開催し、これらの場を通じて人材育成、技術向上に努めています。

全国防具空手道連盟・役員(順不同/平成26年01月25日)

相談役・顧問

全防連連盟顧問 佐々木 さやか 参議院議員 神奈川県
全防連会長 谷口 和史 神奈川県議会議員 神奈川県
全防連副会長 吉澤 弘 大和市議会議員 神奈川県
上沢 本尚 座間市議会議員 神奈川県
相談役 大久保 勝美 NPO法人全日本清心会会長 北海道

理 事 会

理事長 人見 龍誠 誠志会館 神奈川県
事務総長 松川 留美 誠志会館座間支部松川道場 神奈川県
事業本部長 高橋 稔 煉成会 神奈川県
事業部長 小久保 貴広 誠志会館中央林間支部小久保道場 神奈川県
審判本部長 宇都宮 俊哉 波濤真武会 神奈川県
審判部長 菊池 孝明 技道会 神奈川県
常任理事 高野 均士 北新会 北海道
常任理事 小関圭太 朱心会館 神奈川県
常任理事 阿部広宣 士流会 東京都

全国防具空手道連盟の沿革

 2006年、従来より活動していた神奈川県防具空手道連盟、北海道防具空手道連盟が中心となり全国防具空手道連盟として創設(開設準備室)。 第1回全国防具空手道選手権大会を同年12月に神奈川県で開催。


 2007年3月、全国防具空手道連盟として正式発足。
 第2回全国防具空手道選手権大会を開催。 第1回関東防具空手道選手権大会を開催。


 2008年以降、全国大会、神奈川県大会、関東大会、北海道大会を中心に他連盟機関等との交流を図りつつ防具空手普及活動を継続中。


使用装着防具の種類

頭部及び顔面保護プロテクター

胴のボディプロテクター

拳サポーター

拳の保護サポーター

足サポーター

背足及び脛の保護サポーター

ファウルカップ

金的の保護サポーター

マウスピース

口の中の保護

組手基本ルール

主要防具を着用して、7ポイント差で勝敗を決します。
細部ルールに関しましてはお問合せ下さい。

公式マーク

公式マーク

略式マーク

公式エンブレム

全国防具空手道連盟とは

防具空手界に新しい風を!

 全国防具空手道連盟は「防具空手界に新しい風を!」をスローガンに、参加各団体の皆様と創る新しい組織です。
 全国都道府県の参加道場、流派、会派団体を募集しています。
 お気軽にお問合せ下さい。